ご挨拶

校長からのご挨拶 English Version

 本校は、明治32年4月1日に知多郡簡易農学校として創設され、以来120年余の歴史と伝統を紡いできた地域の農業高校です。卒業生の多くは、地元知多半島を中心に、農業はじめ地域産業の担い手として活躍されています。現在は、「農業科学科」「施設園芸科」「食品科学科」「生活科学科」の4学科5クラス(200名/学年)を設置しています。

 私たちが生きていく上で必要不可欠なものは食料です。本校は、その食料を産み出す「農業」を学ぶ学校です。食料の生産から加工、消費まで学ぶことができ、環境に配慮した循環型農業や環境そのものを学習することができます。また、動物や植物、微生物といった生き物を扱うことから、命の大切さについても身をもって学ぶことができます。本校の有する農業の施設・設備を有効に活用し、これからの農業を担う有為な若者の育成に全力で取り組んでいます。

 また、平成29年度から3年間、県教育委員会の「あいちSTEMハイスクール」として研究指定をうけ、研究に取り組みました。AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)が当たり前となりつつある現代において、時代の流れや技術革新に対応できる人材育成を進めるため、ICTを活用したスマート農業についても学ぶことができます。

 このように本校では、最も大切な産業である農業の知識や技術に加え、生きる教材を通して生命の尊さについても学びます。私たちが生きていく上で本当に大切なことは何だろう?先生や友達とともに、楽しく農業に取り組みながら考えてみましょう。

 校訓「強く・明るく・正しく」のもと、生徒は額に汗して、真剣に実技に取り組むなど、充実した高校生活を送っています。ぜひ本校にお立ち寄り頂き、生徒の様子をご覧ください。

令和2年4月
               愛知県立半田農業高等学校長 橋本 具征