お知らせ

レジ袋有料化(7月1日スタート)への対応について

 本校は、経済産業省・環境省が規定した「レジ袋有料化義務化(無料配布禁止等)」に基づき、農産物等の販売についてはレジ袋を扱わないことにしました。

 環境問題を教育内容のひとつと考える農業高校からレジ袋を廃止することにより、地域の方々とともに未来の地域環境を見つめる教育を推進したいと考えておりますので、ご理解とご協力をお願いします。

 今後の農産物販売等は、エコバッグ持参でお越し頂くようお願いします。(農場部)

 

農産物販売等には、エコバッグをご持参ください

令和2年度 1年 性教育講話

令和2年7月2日、半田市保健センターから2名の保健師の方に来ていただき、性教育講話を実施しました。印象的だったことを書き出してみました。

4/1に性行為→妊娠するとクリスマスには生まれる。生理の日を覚えておくこと。知識のないことは恐ろしい。

お金や物をもらって性行為することについて

→受け止め方に男女で差がある。

男子の方が「構わない」と答える率が高い。

男女の間で考え方に差があり、自分のパートナーが同じ考えとは限らない。また、今は同じ考えでも将来変わるかもしれない。

避妊方法について

→月経からの日数を数える方法、膣外射精は避妊方法ではない。

コンドームも2~15パーセント失敗する(性感染症を防ぐために正しく使うこと)。

性感染症――男性は泌尿器科、女性は産婦人科へ。

子宮頸がん検診――20歳から検診を。

ピルは避妊のためだけではない。月経困難症にも有効です。

安全日はない!!

望まない妊娠、望まない出産をしてほしくない。

ノーという勇気を。

女子は自分を守る方法を知ってほしい。

大事な人を傷つけないということを男子には考えてほしい。

妊娠した時誰に相談するか、セックスする前に考える(その人は赤ちゃんの誕生を喜んでくれるか)。

保護中: 動画の部屋

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

臨時休校期間中の学習支援サイト(リンク集)

愛知県総合教育センターホームページに開設されました。

以下のリンクをクリックするとアクセスできます。

 https://apec.aichi-c.ed.jp/link/covid19/index.html

半農みその製造の続き

過去のリンクはこちら「半農みその製造

 

「半農みその製造」の続きをお届けします。

4月15日(水)

工程4-1[大豆、米の蒸煮、製麹:米張り込み、蒸し]

 蒸した米と、大豆にそれぞれ入れる種麹を準備します。

             

米を蒸し、種麹(たねこうじ)を混ぜるために冷やします。

 

工程4-2[大豆、米の蒸煮、製麹:米麹の引き込み]

            

米に種麹を擦り付けます。自動製麹機に入れておきます。

 

工程4-3[大豆、米の蒸煮、製麹:みそ玉造り、引き込み]

 蒸した大豆をみそ玉機に入れ、親指ぐらいの塊をつくり、床で冷やします。

種麹を振りかけ、すり足で混ぜます。足を挙げると踏みつけてしまうため、慎重にすり足をします。

ここは体力勝負!

米と大豆を交互に自動製麹機に入れ、一晩、麹菌の生育を待ちます。

 

4月16日(木) 工程5[製麹:切り返し]

自動製麹機を開けると独特の匂いがします。きなこ?

昨日との色の変化がわかりますか。

種麹(胞子)が発芽し、菌糸が出現しました。

 

4月17日(金)工程5[仕込み]

 機械から出し、麹に塩をふり、混ぜます。

桶に、麹と塩水を交互に入れ、写真のように、踵で踏みつける作業を繰り返します。

最後に、麻布を敷き、石を置き、半年ほど待ちます。

 おいしい味噌になりますように

 

半田農業高校では、1年間に6桶のみそを製造します。4月28日現在2桶が完了しました。

まだ4桶ありますので、生徒の皆さんが登校できることを願っています。

校内での実習製品につき、校外への販売をしておりませんのでご理解ください。

1 2 3 4 5 9
お問い合わせ

お問い合わせはこちらから