専門科目

施設園芸科で学習する専門科目と内容

1年生

農業と環境(5時間/週)

農業の意義と役割、環境について学びます。トウモロコシ、ダイコンやハボタンなどの栽培、鶏の飼育を通して農業生産に関する基本的な知識・技術を身につけます。

草花(2時間/週)

草花栽培の基礎を学びます。

野菜(2時間/週)

野菜栽培の基礎を学びます。

総合実習(2時間/週)

野菜・草花・組織培養の3つ分かれて実習を行います。

 

2・3年生

◇草花コース

総合実習(2年:2時間/週)(3年:4時間/週)

実験や実習を通して、植物バイオ、草花栽培に関する知識・技術を高めます。
収穫物の調整や販売を通して経営、流通に関する知識・技術を高めます。

草花(2年:2時間/週)(3年:2時間/週)

草花のサイネリア、シクラメン、ポインセチア、花壇苗などの栽培管理について学びます。

植物バイオテクノロジー(2年:2時間/週)(3年:2時間/週)

植物の組織培養・細胞融合などについて、学びます。  

生物活用(3年:2時間/週)

園芸作物の特性を理解し、活用するのに必要な知識や技術について学びます。フラワーアレンジメントの実技も学べます。

 

◇野菜コース

総合実習(2年:4時間/週)(3年:4時間/週)

実習を通して、野菜栽培(植物工場、養液、土耕栽培)に関する知識・技術を高めます。
収穫物の調整や販売を通して経営、流通に関する知識・技術を高めます。

野菜(2年:2時間/週)(3年:2時間/週)

メロン、トマト、キュウリなどの栽培管理について学びます。

食品流通(2年:2時間/週)(3年:2時間/週)

収穫物が生産者から消費者へ届くしくみなどについて学びます。

生物活用(3年:2時間/週)

園芸作物の特性を理解し、活用するのに必要な知識や技術について学びます。

 

◇共通

課題研究(2年:2時間/週)

危険物取扱者、日本農業技術検定の資格取得に向けて学習します。卒業研究に向けて準備を行います。

課題研究(3年:2時間/週)

各専攻にて卒業論文作成へ向けて計画の立案、実験・調査研究、まとめを行い、卒論発表会にて発表します。

農業情報処理(2年:2時間/週)(3年:2時間/週)

コンピュータの役割や、ワープロ・表計算・プレゼンテーションソフトの使い方について学びます。
農業における情報の活用方法について学びます。

果樹(2年:2時間/週)

果樹生産に関する基礎を学びます。

 

取得できる資格

  • 日本農業技術検定
  • 愛知県農業技術検定
  • 危険物取扱者
  • ビジネス文書実務検定
  • 漢字検定
  • 書写検定(毛筆・硬筆)